どうも!今回は、
エンゼルフィッシュの卵を産む所
のお話をしていきたいと思います💡

まずは産卵筒ですね💡

1番売られてるし、何回もお世話になってるので
スドーのコチラ

作りも色々考えられてるなー、と産卵しているのを見ると思いますね💡
色んな産卵筒試しましたがコレが無難❗️
傾斜もちょうどよく、天辺も平で、下の部分は受け皿の様な感じで、
ホント考えられて作られたんだなと思います💡

次に今回の主役といいますか、今回のブログを書くきっかけとなった、
アヌビアス バルテリー こちらですね🌱
リンク飛んでいただければ、わかると思いますが、
アヌビアス バルテリーといっても色んな種類があります💡
まぁ好みで良いかなと思います(^^)♪
"葉っぱが大きくて、卵の引越し先になれば"
アヌビアス プチ?ミニ?その辺だと小さすぎるので、バルテリーという部分だけ注意ですね💡
基本バルテリーは大きいので、
バルテリーなんたら、ってやつなら問題ないかと🌱

よくエンゼルフィッシュの産卵とか繁殖ってキーワードで調べたりすると出てくるのが、
ミクロソリウム
アマゾンソード
​とかかな?と思いますが、
それでも全然問題無いです❗️
ただ、自分の場合は​アヌビアス 🌱

​なんでかっていうと、自分の場合
エンゼルフィッシュが産卵して、卵を産卵筒から水草に引越ししたあと、
卵の孵化用の水槽に卵を移す
ということをやっております💡
この時、
卵がスポイトでササっと吸える様に密集してると助かるんですよね😊♪
なので葉っぱが大判な形状の
アヌビアス バルテリー
が今のところ1番やりやすいです♪

ミクロソリウム・アマゾンソードもスポイトで吸えるから別に良いんですが、

スポイトで卵を吸う時、1回で済ませなきゃ
エンゼルの親魚が卵を守ろうと必死にスポイトを攻撃してきます😅
その時に衝撃で卵がバサっと散らばってしまうんですね(・_・💧
そうなると散らばった卵を回収するのが大変で💦
なんせ、すっごい小さいので💧
エンゼルにとって、どの水草が良いのか不明ですが、
自分の場合、
産卵筒→アヌビアスバルテリー→スポイト→孵化用の水槽
という流れでやってます💡

極論アレですね、水草については引越し先ということですが、自分の場合はアヌビアス バルテリーなんたらって感じで選んでますが、
ミクロソリウムでもアマゾンソードでも良いと思います♪人それぞれのレイアウトの好みで❗️